伝えたいこと

HPV(ヒトパピローマウイルス)に負けないために私がしていること

更新日:

子宮頸がんの原因であるHPV(ヒトパピローマウイルス)は、80%の女性が知らない間に感染しているといわれています。そして、感染した方のほとんどは自然に消えていく中で約4%の人が前がん状態になってしまい、ゆっくりとがんに進行していくそうです。
私の場合、異形成は手術で取り切れましたが子宮の中にはまだHPVがいます。HPVがいる限りまた再発する可能性があるということ。コイツを消滅、または負けない体をつくらなければいけません。

私は感染したウイルスが消えていくか異形成に進行していくかは免疫力が大切と知りました。特にその中で重要な役割を担っているのがNK(ナチュラルキラー)細胞というものだそうです。
このNK細胞は常に全身をパトロールしていて、ウイルスの感染や細胞の悪性化を見つけるとすぐにそれらを攻撃するという働きを持っています。

そのNK細胞に頑張ってもらうために私が日々の生活の中で心がけていることをまとめました。

私が心がけている6つのこと

1.腸の環境を良くする

実はこのNK細胞を中心とした免疫に関する細胞の60~70%は腸にいるとされています。つまり体内のパトロールをする基地が腸なんです。だからこの腸の環境を良くしてあげることがとても大事!実際腸は免疫力と大きな関係があり、第二の脳とも言われているそうです。

そのためには善玉菌を増やすことが大切です。腸には善玉菌と悪玉菌と日和見菌という3種類がいて、悪玉菌が増えると中立の立場である日和見菌を味方につけ、どんどん腸の環境が悪化していきます。
ではどうやって善玉菌を増やすかというと、代表的な方法は3つ。

①乳酸菌を摂る

乳酸菌は善玉菌の代表です。乳酸菌を摂ることによって善玉菌が増え、中立な立場である日和見菌を味方につけるのです。ヨーグルトは手軽に大量の乳酸菌が摂れるのでメジャーですが、実はキムチや味噌、漬物などの発酵食品にも多く存在しています。
日本元来の和食には発酵食品がたくさん使われているので、私は乳酸菌を摂るためにも基本的に和食を心がけています。
あとは、シロタ株やラブレ菌の入ったヨーグルトをなるべく毎日食べるようにしていますが、毎日ヨーグルトを食べるのは飽きるしキツイので、ヨーグルトを食べない日は善玉元気というポリフェノールも含んだ乳酸菌サプリを飲むようにしています。ポリフェノールには強い抗酸化作用があり、体内の正常な細胞を攻撃する「活性酸素」を除去する働きを持っています。

②酵素を摂る

酵素とは、食べたものをエネルギーに変えるものと学校で習ったかと思います。でも実は他にも役割があり、臓器を動かしたり、呼吸をしたり、老廃物を排出するのも酵素の力がないとできないんです。人間の身体にある酵素には限りがあり年齢とともに減っていく為、食事からきちんと摂って不足分を補ってあげる必要があります。
その酵素が不足するとアトピー、花粉症、喘息、リウマチ、脳梗塞、糖尿病などになりやすいといわれています。

酵素は加熱すると破壊されてしまうため、生野菜や果物に多く含まれています。そのため酵素を壊さずに多く酵素を摂りいれることができる「低速圧搾ジュース」を勧めているがんの食事療法もあるそうです。
私は毎日生野菜ジュースを作るのは正直面倒なので、朝ご飯に果物と生野菜、あと豆乳に青汁を混ぜたものだけを食べています。青汁はまずい!というイメージがありますが、最近は味がだいぶ改善されているらしく、初めて飲んだとき全然おいしくてビックリしました。

また、酵素はまだ胃が起きていない状態である朝にたっぷり摂ってあげるのが良いそうです。
私も最初は「朝これだけで大丈夫かな?」と思いましたが、近年は「朝はガッツリ栄養のあるものを!」と言われていた栄養学も見直されつつあるとのこと。そもそも腹持ちがいい=いつまでも腸に留まっている(消化の悪いもの)だそうなので、朝はこれくらいでいいと聞きました。
その朝食メニューにしてから、関係は分かりませんがお通じが恐ろしいくらい良くなったこと、あとは体重が4kg落ちました。もともと産後体重が5kg増えたままだったのでかなり嬉しいです。

最近では酵素入りの青汁も増えていますので、そういったものを選ぶのも良いかと思います。
参考:酵素入りの青汁一覧(http://aojiru-sisiter.com/kouso.htm

私は野菜も摂取したいので、毎朝必ず青汁を飲むようにしています。

③食物繊維を摂る

食物繊維は発酵・分解されると善玉菌であるビフィズス菌を増やします。食物繊維の多い食べ物はきのこ、ごぼう、海藻、サツマイモ、里芋、こんにゃく、昆布、大麦ですが、私はこれも食物繊維が含まれている青汁を飲むことで摂取量を増やしています。

2.抗酸化作用のある食べ物・飲み物を摂取する

私たちは呼吸によって取り入れた酸素のうち2%が「活性酸素」になってしまいます。活性酸素とはつまり細胞を酸化させる力の強い酸素のことで、体内に増えすぎると正常な細胞や遺伝子をも攻撃してしまい、老化や癌を引き起こす要因となるのです。この活性酸素を除去する働きを「抗酸化作用」と言います。
特にポリフェノール、フラボノイド、カロテノイロドが代表的な物質で、私はこれらを多く含む食品を積極的に摂取するよにしています。
抗酸化作用のある食べ物・飲み物はレモン、バナナ、アボカド、ニンニク、生姜、大豆などが挙げられますが、毎日これを意識して食べるのは難しいので私は野菜を積極的に摂取する、和食を心がける(大豆が豊富なので)ということを心がけています。
飲み物はルイボスティーを飲み、特に水には気をつけています。

3.適度な運動をする

運動不足は身体にいろいろな悪影響をもたらします。実際大腸がんや乳がんは運動不足が原因のひとつであるという研究結果が出ているそうです。
しかし、あまり激しい運動をすると体内の活性酸素(※正常な細胞や遺伝子を攻撃する酸素)が増えるので良くないとのこと。15分程度のウォーキングでも十分だそうです。
私は子供がいてウォーキングが難しいので、毎日ラジオ体操の第一、第二をしています。ラジオ体操って1回15分なんですが、実はこの15分で1日に必要最低限の運動量を満たしているらしいです。実際、結構汗をかきます(^^;)さらに最初は毎日筋肉痛になりました…。

4.身体を温める、体温を上げる

体温が低いと免疫力の他、基礎代謝も落ちます。さらにがん細胞は35度代を好むらしいです。最低でも36.2度は欲しいとのこと。
体温をあげるには結構な時間がかかりますが、適度な運動、お風呂にゆっくり浸かる、バランスのとれた食事(特に亜鉛、ミネラル、ビタミン)が大切とのこと。

そんな私の平均体温は36.8度と結構高温なんですが、末端冷え性がひどくて冬は靴下がないとお風呂に入るときお湯が痛いくらいです。体温が高いのと冷え性はまた意味が違い、末端冷え症は血の巡りが悪いせいなので血液を末端まで送り出せるような筋肉をつけるための適度な運動をします。他には冷えを引き起こすという「白い食べ物」つまり小麦粉、白砂糖などは控えるようにしています。(小麦粉を使った料理は食べ過ぎない、パンは全粒粉を選ぶ、砂糖は三温糖などにするなど)

5.よく笑う

免疫力と笑いは深く関係していて、笑うとNK細胞が活発化することが分かっています。笑顔になるだけでも脳をリラックスさせるそうですが、やっぱり声を出して笑った方が何倍もいいそうです。
笑う回数は大人で1日平均17回だそうですが、多分大人になってからこんなに笑ってません(^^;)私はお笑いが好きなので空いた時間には漫才を見たりするようにしていますが、できるだけ悪いことを考えない、ポジティブに楽観的にいるということも意識しています。

6.ストレスを溜めない

「病は気から」と言われるようにストレスが溜まると免疫力が20~30%落ちると言われています。
まだ詳しいメカニズムはハッキリしていませんが、ストレスを強く感じるとNK細胞が減少するといわれているそうです。
私は高度異形成になってからストレスを強く受けるようなことをやめて、もう少し自分中心で生きてもいいんではないかと考えるようになりました。嫌いな人や苦手な人の付き合い、合わないと思うことを無理にやっても人生の貴重な時間がもったいない!人生は思ったより短いものなのかもしれないと。今回は再発率も低い前がん状態だったけど、見つかったのがもっと進行していたときだったら?他の病気だったら?と思うと病気はある日突然誰にでも振りかかる可能性があるんだと思ったんです。
それからは「悩んでいる時間はもったいない。人生はそれほど長くない」と常に考えて行動するようになりました。

無理のない範囲で続けています

高度異形成が分かってから数日は四足歩行の肉をやめたり、毎日何品もバランスを考えて食事を作っていました。でもだんだん「これは食べても大丈夫だろうか」「添加物はどれだけ含まれているのだろうか」と何を食べるにも怖くなってしまい、反対にストレスになってしまいました。
これでは意味がない、考えすぎて反対に栄養が偏るのではと思い、今はなるべく無理のない範囲で続けています。それでもジャンクフードやインスタント食品は一切食べなくなりましたが…。

とにかくまず基本はバランスの良い食事(基本は和食、野菜や発酵食品は積極的に摂取)、よく笑う、前向きに、適度な運動と睡眠!です。

-伝えたいこと

Copyright© 子宮頸癌(クラス3b、高度異形成)で円錐切除しました , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.