体験談

再検査‐コルポ診(組織診)

更新日:

子宮頸癌検診の結果が出てから2週間後、紹介して頂いた総合病院を訪れました。

コルポ診が飛び上がるほど痛いという体験談を目にしていて、この日は前日から眠れないほど心臓がバクバク。

予約時間の45分前に受付を済ませ、婦人科に行くよう案内されました。
待合室には音楽が流れ落ち着く雰囲気になっていました。

それでも私の緊張は解けませんでしたが(^^;)

まず問診表を記入しましたが、その中の項目に
Q.悪い結果だったとしても知りたいですか?
という質問があってゴクリとしました。
○は「はい」へ。

その後血圧を測り、看護師さんと問診表について面談をしてから診察室の前で待ちました。

この時脈が相当早かったようで(緊張で)看護師さんに心配される始末。

名前を呼ばれ診察室に入ると先生から「今日の検査の内容は知っていますか?」と聞かれ、「はい」と答えると「じゃあさっそくやりましょう」と言われ淡々とした対応に少しグサリ。

内診の椅子に座ってあの態勢になると、クスコでいつもより大きく広げられて少し痛い…。

病巣をみやすくするために入れるという酢酸が沁みてくる…。そのまま1分程待機し、いよいよ組織を取るとき「少し引っ張られる感覚があるかもしれません」と言われチクッとお腹に痛みが走りました。

痛かったのは一回だけであとは何回採取されたのは分からないくらいでした。

これは組織を取る、そして出血を伴うんだと想像以上するから余計に怖くて痛いんでしょうね(^^;)

診察室に戻ると先生から「白いところは確かにありますね。でも炎症もひどいからね。結果が出ないと分からないね。」

そりゃそーだ。
でも目視で分かるほど進行しているわけじゃないんだ。良かった。
(癌が進行していると内診の時に組織がボロボロ剥がれ落ちるのですぐに分かるそうです)

「結果が出る2週間後にまた来てください」と言われ診察室を後にしました。

会計は約7,000円。

また2週間か…と思いながら帰路につくのでした。

-体験談

Copyright© 子宮頸癌(クラス3b、高度異形成)で円錐切除しました , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.